福岡市内出張アロママッサージPremium

本格的なマッサージがご自宅やホテルでお楽しみ頂けます。

premiumトップページサマー画像

トップWinter ≫ シミができるメカニズム ≫

Winter

シミができるメカニズム

シミができるメカニズム

シミのもとになるメラニン色素の工場であるメラノサイトが紫外線によって活性化され、メラニンがターンオーバーで排出可能な量以上に生成されると、肌に蓄積されシミの原因になります。

 

1 メラニン生成の指令 紫外線を浴びると、お肌を守るためのメラノサイトにメラニン色素を作りなさいという指令が出ます。

 

2 メラニン生成 チロシナーゼという酵素がメラノサイトに働きかけて活性化させ、メラニン色素が生成されます。

 

3 メラニンをお肌表面に運搬 生成されたメラニン色素は角質細胞にいき、分裂をしながらお肌表面に上がってきます。

 

4 メラニンがお肌表面に沈着 お肌表面にきたメラニン色素を多く含む角質細胞によってくすみや、シミ、そばかすとなりお肌表面が黒ずみとして現れます。

 

いろいろなシミのタイプ

 

老人性色素班(ろうじんせいしきそはん) シミの中でも最も多い。紫外線の影響で出来てしまい、頬骨の高いところにできやすく、始めは薄い茶系色だが、段々経過すると濃くなるのが特徴のシミ。

 

脂漏性角化性(しろうせいかくかしょう) シミからイボのように盛り上がり、表面はボツボツしている。手の甲等にできる茶色のシミもこのタイプ。

 

雀卵班(じゃくらんはん)=(ソバカス) 小さなシミのことをソバカスと呼ばれ、10代くらいから出来始め、鼻の回りや頬の中心に散らばって出来るのが特徴。

 

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく) ニキビや吹き出物などの傷跡からシミになって消えないのと、毛穴の回りgs炎症を起こして黒ずんで跡になることが原因のシミ。

 

肝班(かんぱん) 女性ホルモンのバランスや自立神経の乱れが崩れたときに頬骨のところに左右対称に出来るシミ。妊娠中や更年期障害の人に良く出来るシミ。

 

花弁状色素班(かべんじょうしきそはん) 急激な日焼けをした時に肩や背中に小さなシミのこと。丸いシミではなく花びらのような形をしているのが特徴です。

 

シミを作るのは簡単ですが、シミを消すのは時間もかかりますので、シミのタイプを把握し、シミを出来るだけ作らない様にしたいですね。

 

モバイルサイト

福岡出張アロママッサージpremiumスマホサイトQRコード

福岡出張アロママッサージpremiumモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!