福岡市内出張アロママッサージPremium

本格的なマッサージがご自宅やホテルでお楽しみ頂けます。

premiumトップページサマー画像

トップWinter ≫ 自律神経の中枢 ≫

Winter

自律神経の中枢

自律神経中枢

自律神経とは、自分の感情や外見に敏感に反応します。頭部の間脳の中で視床(ししょう)の直ぐ下にあるのが視床下部です。視床下部は、自律神経や内分泌系の中枢で、大脳皮質や視床、脊髄などと連携しており、ホルモンや神経伝達物質の動きで、体が今どんな状態にあるかを敏感に感じ取ります。怒りや恐れ、快感などの感情に応じて体の機能を瞬間的に変化させる感覚器官とも密接に関わっており、ストレスなどの影響を受けやすい部位となっております。視床下部は、たくさんのホルモンを分泌する下垂体の直ぐ上にあり、ホルモン分泌の指令を出しております。例えば血圧や消化管活動など、内臓機能の調節、食欲や性欲などもコントロールしております。視床下部は、室周囲領域、内側領域、外側領域という3つの領域からなっておりますが、機能的にはさほどはっきりとした境い目はございません。

体を一定に保つホメオスタシスとは?! 私達の体には、体温や体液のイオン濃度や血糖濃度などを一定に保つ働きがございます。このことをホメオスタシス(恒常性)といい、主に視床下部にその仕組みが備わっております。朝目が覚めて夜眠くなるといった、生物としてのリズムも視床下部が司っております。また、視床下部の外側には、摂食中枢があり、ここを刺激すると、物を食べはじめたり、同じく内側には満腹中枢があり、満腹中枢を刺激すると、物を食べなくなります。摂食中枢や満腹中枢は、血液中のブドウ糖や遊離脂肪酸の濃度を感知して、上手く食欲をコントロールしております。

 

ホメオスタシスのもう一人の主役 腎臓の働き

①体の水分量を調節する。②体内のナトリウム量を調節する。③酸塩基平衝を調節する。

自律神経神経の乱れは、日常生活において支障を起こすだけではなく、体内に重要なバランスとなっておりますので、リズムを取り戻すことが健康第一となっております。

アロマテラピーで副交感神経を優位にさせるオイルマッサージは、心身のリラックス効果も期待出来ますので是非ともお試し下さい。

 

出張アロママッサージpremiumでは、自律神経の乱れを整えるオイルがたくさんございますので、お気軽にお申し付け下さい。

 

モバイルサイト

福岡出張アロママッサージpremiumスマホサイトQRコード

福岡出張アロママッサージpremiumモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!